共用設備基盤センター Center for Coordination of Research Facilities (CCRF)

共用設備の利用手順 

利用規約 User Policy

利用に先立ち、予算や使用責任者の確認、講習等が必要な場合等があります。利用の前に、利用規約を必ずお読み下さい。

利用規約

Prior to use, it may be necessary to confirm the budget and the person responsible for use and to attend a training course. Be sure to read the User Policy prior to use.

Terms of Service

登録申請書  Registration Application Form

事前登録の承認のため、登録申請書を提出頂く必要がございます。登録申請書は、以下のフォーマットに記入の上、ケミカルバイオロジー共用ユニット(chemical@agr.niigata-u.ac.jp)まで、ご提出ください。

登録申請書(学内利用者)

登録申請書(学外利用者様)

記載例は、以下をご参照ください。

登録申請書(学外利用者様) 記載例

利用案内フローチャート Flowchart for Usage Guidance

 

 

利用案内 Usage Guidance

1 事前相談 事前登録申請 Preliminary consultation and preliminary registration application

 (1)各種ご相談を受け付けます。ケミカルバイオロジー共用ユニットへご連絡ください。24時間以内に返信がない場合、お手数をおかけしますが、再度お問い合わせください。

 We accept inquiries. Contact™™Chemical Biology Unit(chemical@agr.niigata-u.ac.jp). If you receive no reply within 24 hours, please submit the inquiry again.

 (2) 利用を希望される方は、「登録申請書」に必要事項を記載いただき、ケミカルバイオロジー共用ユニットへお送りください。(特別研究員以外の学生は、「登録申請書」のご提出が不要です。)

  To use the equipment, fill in the Registration Application Form and send it to ™Chemical Biology Unit(chemical@agr.niigata-u.ac.jp)™™. (Students other than the special researchers are not required to submit Registration Application Form.)

 (3) 登録承認と設備ごとの利用の可否について、後日ご連絡します。利用可能設備については、ご利用前に[2 ケミカルバイオロジー共用システム/小規模設備共用システム アカウント取得]にお進み頂き、ユーザー登録を行ってください。

  Later you will be informed of the registration approval and the usability of each facility. For the usable facilities, open [2. Chemical Biology Common System / Small Scale Equipment Sharing System: Obtaining account] and perform user registration.

2 ケミカルバイオロジー共用システム/小規模設備共用システム アカウント取得 Chemical Biology Common System / Small Scale Equipment Sharing System: Obtaining account

 (1)アカウント申請 Application for an account

 ケミカルバイオロジー共用システム小規模設備共用システムの内、ご利用を希望される機器予約システムのURLを選択下さい。 [新規アカウント申請]ボタンをクリック頂き、表示される事項を入力いただき、アカウント申請を行ってください。(詳細手順は、ユーザーマニュアルに記載がございますので、ご参照下さい。)

 Select the URL of either Chemical Biology sharing System or Small Scale Equipment Sharing System to choose the equipment reservation system you desire. Fill in the displayed items to make an account application. (See User Manual for the detailed procedures.)

 (2) アカウント取得 Obtaining an account

 システム管理者より「ユーザー承認完了」メールが送信され、システムにログイン可能にな ります。24時間以内にメールが届かない場合、お手数をおかけしますが、ケミカルバイオロジー共用ユニットに再度お問い合わせください。

 The system administrator will send you an e-mail titled “User approval completed” and then you can log in to the system. If you do not receive the mail within 24 hours, contact chemical@agr.niigata-u.ac.jp.

3 設備予約システムによる利用予約 Reserving use through equipment reservation system

 (1) 設備の利用 Using equipment

 直接お越し頂き、学内の共用設備を利用いただく場合のご利用方法です。

 Directly visiting University to use common facilities within campus.

 ①ケミカルバイオロジー共用システム小規模設備共用システムからログインください。ログインIDはメールアドレスをご入力ください。申請いただいたパスワードをご入力下さい。

 Log in from ™Chemical Biology sharing System or Small Scale Equipment Sharing System™. Enter the mail address as the login ID. Enter the password you registered.

 ②ユーザーマニュアルに記載の手順に従い、ご予約下さい。予約をキャンセルしたい場合、必ず利用時間前までに、ユーザーマニュアルに記載の手順に従い、キャンセルを行ってください。 

 Make a reservation in accordance with the procedures described in User Manual. To cancel a reservation, take cancelling procedures before the reserved time.

 ③ご予約いただいた日時に設備をご利用ください。また、設備ごとに利用者ノートが備え付けられている場合、利用実績をご記入下さい。

 Use the facility in the date and time as reserved. If the facility has a users’ notebook, describe the use result.

 (2) 依頼分析 Requested analyses

 設備管理者に分析を依頼する場合のご利用方法です。 

 Requesting an analysis to equipment administrator.

 ① 試料提出方法等については、各設備管理者へご連絡の上、ご相談ください。受付時間は平日8:30~17:15です。 

  Contact and consult each equipment administrator for procedures including submission of specimens.Accepting hours: Weekdays, 8:30–17:15.

 ②依頼分析の結果は、設備管理者又はケミカルバイオロジー共用ユニット等から、別途ご報告いたします。

 The result of the requested analysis will be given by chemical@agr.niigata-u.ac.jp™™ or equipment administrator,etc.

 (3) 設備の貸し出し Lending equipment

 貸し出しを行える設備に関して、一定期間貸し出す方式について検討を進めております。詳細手順については適宜更新を進めてまいります。

 We are currently discussing the method to lend the lendable equipment for specific periods. We will update the information on the detailed procedures from time to time.

4 料金の請求 Charging fees

 利用状況に基づいて料金を集計し、請求致します。

 The fees will be totaled and charged based on the use conditions.

ケミカルバイオロジー共用システムの利用

 ケミカルバイオロジー共用システムでは、質量分析装置、核磁気共鳴装置等4台の設備をOFaRS登録機器として運用しています。低分子の解析を行う (1) GC-MS、(2) LC-MS、主に低分子の構造解析を行う核磁気共鳴装置 (3)NMR 、主にプロテオミクスやタンパク質の同定に利用する(4)LC-MSn、が整備されています。利用の詳細はOFaRSにてご確認下さい。

GC-MS JMS-T1000GCV
LC-MS JMS-T100LP
LC-MSn LTQ Orbitrap XL

※OFaRS(Open Facilities Reservation System, OFaRS)/分析機器予約システムは、学内の主要機器をオンライン予約できるシステムです。機器の利用料金は自動的に集計され、指定された予算に請求されます。科研費への請求も可能です。

 以下のマニュアルをダウンロードしていただき、利用前にご覧いただきますようよろしくお願い申し上げます。

オンライン予約システム(OFaRS)マニュアル

Analytical Instruments Management System User Manual

 OFaRSへのログインは、以下URLよりお願い申し上げます。マニュアルに記載の手順で利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 なお、利用者の別により、次のとおり、ログインURLが異なりますので、ご注意ください。

オンライン予約システム(OFaRS)(学内利用者)

オンライン予約システム(OFaRS)(学外利用者)

詳細は、共用設備基盤センター機器分析部門オンライン予約システム(OFaRS)をご確認ください。

小規模設備共用システムの利用

 ケミカルバイオロジー共用ユニットでは、概ね購入金額1000万円未満の設備を小規模設備と位置づけ、その一部を小規模設備共用システムにより運用しています。小規模設備共用システムは、システムを通じて予約が可能で機器の利用料金を自動的に集計できるシステムです。

以下のマニュアルをダウンロードしていただき、利用前にご覧いただきますようよろしくお願い申し上げます。

Ver.3 小規模設備共用システム ユーザーマニュアル

(English)Ver.3 小規模設備共用システム ユーザーマニュアル

小規模設備共用システムへのログインは、以下URLよりお願い申し上げます。マニュアルに記載の手順で利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。

なお、利用者の別により、次のとおり、ログインURLが異なりますので、ご注意ください。

小規模設備共用システム(学内利用者)

小規模設備共用システム(学外利用者)

管理者用ページは、以下URLからログイン頂けます。

(新潟大学 ケミカルバイオロジー共用ユニット 各共用設備の管理者専用のログイン画面です。)

小規模設備共用システム(機器管理者)

ご利用相談窓口

ケミカルバイオロジー共用ユニット