共用設備基盤センター Center for Coordination of Research Facilities (CCRF)

放射性同位元素部門の概要

沿革

平成3年(1991年) アイソトープ総合センターの設置を決定。
平成5年(1993年) アイソトープ総合センター設置。
平成7年(1995年) アイソトープ総合センター主催によるRI教育訓練開始。
平成8年(1996年) センター棟起工。
平成9年(1997年) センター棟竣工。
科学技術庁よりRI使用承認を得る。
8月1日より利用開始。
平成11年(1999年) 密封RI承認使用に係わる施設の変更。
平成15年(2003年) 密封・非密封RI承認使用に係わる施設の変更。
平成20年(2008年) 理学部、工学部、農学部のRI施設を統合し自然科学系附置 RIセンターを発足。
平成29年(2017年)2月 アイソトープ総合センター、機器分析センター、旭町地区放射性同位元素共同利用施設の3者を統合し、研究推進機構共用設備基盤センターを発足。アイソトープ総合センターおよび旭町地区放射性同位元素共同利用施設は同センター放射性同位元素部門となる。
平成29年(2017年)10月 放射性同位元素部門と自然科学系附置RIセンターを統合し、旧アイソトープ総合センターは同部門旭町RI施設、自然科学系附置RIセンターは同部門五十嵐RI施設となる。

ご利用相談窓口

共用設備基盤センター 設備戦略企画室