テニュアトラック事業

学長メッセージ

新潟大学では、平成21年度から「自立・競争的環境で育てる若手研究者育成プログラム」(テニュアトラック制度)をスタートさせました。このプログラムの目的は、世界的な研究拠点の構築を目指し、国際的に活躍できる研究者を育成することです。本プログラムにより、20倍以上の高い競争率を突破した若手研究者を採用することができました。彼らの活躍により本学研究の活性化や研究体制の充実が順調に進んでいます。

また、平成24年度には、後継事業の「テニュアトラック普及・定着事業」に採択されたことで、引き続き優秀な若手研究者を採用・育成するとともにテニュアトラック制度を文系分野にも拡げ、全学的な展開を進めているところです。

本学では、このテニュアトラックの教員らが個々の能力を最大限発揮できるよう、自立的かつ高いレベルでの研究環境を保証するための支援体制を整備しております。

本プログラムが既存の人事体系に新たな刺激を与え、大学全体のレベルアップと研究の活性化につながることを確信し、テニュアトラックのさらなる充実を図るつもりです。このプログラムによって育った研究者が新潟大学のみならず、日本の未来を創造してゆく人材として活躍することを大いに期待しております。

新潟大学長 髙橋 姿